友愛会トップページへ


目次




法人について
 特定非営利活動法人友愛会は、平成13年6月に法人を取得しました。特定非営利活動法人(この後、NPO法人と省略)を取得した平成13年以前から、東京都の台東区と荒川区にまたがる山谷地区(現在「山谷」の地名はありません)で、路上生活者やホームレス、日雇労働者への支援を続けてきた者が集まり、高齢や疾病などにより、どう考えても路上生活に耐え切れない状態の方々に、炊き出しや医療ボランティアだけでなく生活の場を提供して行こうと考え活動を始めた会です。
 当初、任意団体としての友愛会では「友愛ホーム」という男性の方々の宿泊所を開設し運営していましたが、女性のための宿泊所も必要であると考え、「やすらぎの家」という女性用の宿泊所を開設しました。路上生活・ホームレスといった問題では、どうしても男性が多く、マイノリティーである女性の支援はあまりなかったのです。「友愛ホーム」と「やすらぎの家」の2つの宿泊所を運営する中で、任意団体では活動の透明性を明確に出来ないのではという疑問があり、NPO法人取得の流れとなりました。NPO法人取得後、より困難な状態にある方々(例えば、身寄りがない、住む場所がないという前提に付け加え、精神障害があるにもかかわらず、精神科入院の対象にはならない方や、介護度が高く特養などに入所申請しているが2〜3年も入所待機になってしまい行き場所がない方など)の受け皿として、3つ目の宿泊所「STEP-UP HOUSE」を開設しました。また、山谷地区に多くあるドヤ(日雇労働者が住んでいた簡易旅館の通称で、バブル崩壊後の不況以降は、高齢の生活保護受給者なども多く住んでいる)でも、障害や疾病に苦しみながら、介護や看護などのサービスを充分に受けれないでいる方が多い現状に対し、訪問看護ステーションとヘルパーステーションを開設しました。
 現在は、3つの宿泊所と看護、介護のステーション、それにDV(ドメスティック・バイオレンス:家庭内暴力)の被害者の方などが安心して暮らせるよう住所などを隠しているシェルターを1つ運営しています。
 
私たちが思う厳しい現実と活動への思い
 私たちが、友愛会を作り、今の活動を始めたのは、行き場のない不条理に立ち向かたいためでした。
 例えば、路上生活(ホームレス)をしていた方が病院運ばれる。法律上で記載されている通り、人道的な観点から生活保護が適用され入院費用などが行政によってまかなわれる。必要な医療と最低限の暮らしは保証されるのですが、路上生活をしていた方は、路上生活に陥る前、あるいは路上生活をしていたときに、社会の冷たさをしり、家族を失い、自分のプライドさえも捨てたかもしれないので、なかなか心を開いてくれず、病院や施設でのルールも守れなかったり、周囲の人と問題を起こしたりすることも多々有ります。しかしそれは、「わがまま」という言葉によって整理され、彼らはより行き場所を失い、また、彼らに対する社会の目もレッテルを築いていくように感じます。その上、病院や施設ではそこに居れる期間が決まっており、安定した生活もままならない。病院にいたっては3ヶ月以上の入院は出来ず、施設も老人ホームなどは別としても入所期間が決まっています。
もちろん彼らが自分の生活を作る上で努力しなくてはならないでしょうし、単にわがままを言っていることもあります。ただ、彼らが置かれている立場は、社会の思い、彼らの虚無感・あきらめ、制度の不適合などが重なり合った中で繰り返す悪循環に思えてならないのです。
住む場所がないつらさ・・・、話を聴いてくれる人がいない寂しさ・・・。
  友愛会の小さな活動が、社会の理解、生き場所を失っている彼らの理解、といった双方への働きかけと、悪循環の中で育つ不条理への一解決となればと思っています。
お話させてください
 もし、私たちの活動に興味がある、日本の中での厳しい現実の一側面を詳しく知りたいといった気持ちを持った方がおりましたら、どうぞ気軽にお電話ください。講演会や座談会なども呼んでいただけましたら喜んでおうかがいいたします。私たちは一人でも多くの人に、日本にある、私たちの生活の横にある問題に眼を向けてほしいと、心より願っています。

<お話できるテーマ>

 本会理事長・・・・・・・・・・・・・東京都の山谷地区での活動を約15年続けてきている。大学院での研究テーマを「ホームレスの『生き方』の研究」とし、彼らの思い・考え方・精神世界に焦点をあてていた。友愛会での活動を含め、日本における路上生活者問題、生活保護の実際と問題点、ドメスティックバイオレンス問題など多岐にわたる演題で行えます。また、保健師・看護師の資格を持ち、精神障害の領域の活動も長年携わっている。

  その他・・・・・・・・・・・・・・・訪問ステーションの所長による地域看護・介護と山谷地区について、あるいは、約20年山谷の街を見続けてきたスタッフの山谷の変遷などのテーマでも可能です。

お問い合わせはこちらから
Contents
トップページ
友愛会について
宿泊提供事業
訪問看護・介護事業
活動支援・ボランティア募集
友愛写真館
掲示板
お問い合せ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Designed by TOKYO PLUS ONE
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project